EASY LIAR PLANET

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年の…いや、昨年のわし的重大ニュース(笑)。

<<   作成日時 : 2010/01/01 18:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2009年一発目に書いた記事を読み返してみたら、いきなり「笑ってはいけない○○」の話題から(爆)。
振り返ってみたい方はこちらからどうぞ「あけ!おめ!こと!よろ!」。
今にして思えば、先が思いやられる始まり方だったのね
で、前年(2008年)の重大ニュースから2009年の傾向予想、「アホ発言が増えるはず。」は物の見事に的中しましたなぁ…

そんな2010年の年明けは、起き抜けに録画しておいた「笑ってはいけないホテルマン24時。」を観る昨年と全く同じパターン(笑)。まだ残り1時間分観ていないんだけどね…。それにしてもすごいよ!大地林家真央まー子(爆)。
天皇杯「ガンバ大阪×名古屋グランパス」は、後半終了間際に愛犬ぬばさんのエサやりに席を立つ…そんな結果でした(激痛)。

さて、2009年のわし的重大ニュース。
全体的には「数年ぶりの○○。初めての○○。」って感じでした。

実家に帰ってきてから約15年が経ち、家からほとんど出ることもなく過ごしてきたせいか、着飾ることもなく、したいこと、欲しい物…もどんどんなくなってきて、いろんな欲求が削げ落ちていく日々でしたが、久しぶりに音楽CDを買ったり、生まれて初めて指輪を買ったり…と、ちょっとした心境の変化があった年になりました。

運勢の流れを変えたい…という願望が、潜在意識の中にあったのかもしれません。

っというわけで、
2009年重大ニュース。カウントダウン。

5位。「ケータイ小説にハマる。」
正確には「PCサイトの小説をケータイで読むことにハマる。」。
元々、インターネットの小説サイトにアップされている作品をケータイで読むので、ほとんどの作品が漏れなく読みづらい(爆)。

作者の方々も多分、ケータイで読まれることまで意識せずに執筆されているものと思われ、行間の空け方とか、各人まちまちなんですね。
PC上だとわずか2、3行の文字配列でも、ケータイの小さい画面で見ると上から下まで文字がぎっしり…ということも多々あり、それだけで鑑賞意欲が失せてしまいそうになることも。

それにしても、素人さん(一部セミプロ)の小説を読んでの感動体験は実に新鮮なものでした。
いろんな作品を読み散らかしたので、正直、文章のレベルに多少の差はあるんですが、それでもキャラが立っているとか、言葉遣いが美しいとか、何かしら魅力を感じるものがあって、楽しませてもらいましたねぇ。
読みづらいんだけど、それでも我慢して読んじゃう、読まずにはいられない、連載中のものは続きを早く書いてくれ!と更新を待ちわび、完結したものは終わってしまうのが惜しいほど惹きつけられる作品に多数出合えたのは、とてもラッキーなことでした

びっくりしたのが、ある作品の主要人物の名前に機種依存文字が使われていて、ケータイに文字が出てこなかったこと。
出ないなら出ないで「山田*太郎」とでも表示してくれればいいものを、「山田太郎」と隙間も詰められているものだから、あだ名と本名の違いに違和感を感じつつ、ある日PCでその作品を読んでみて、初めて正しい名前を知ったという…(笑)。
例えば「健太郎」だったら、なんで本名が「太郎」なのに、あだ名が「ケンちゃん」なんだよ?みたいな(爆)。


4位。「キャラソンにハマる。」
はい来た、アホ発言がらみ(笑)。
動画投稿サイトから拾ったり、好きなアニメ、漫画から逆算したり…と、いろんなアニソン、キャラソンを耳にしました。
自分が音痴なせいか、歌の上手な人には人一倍憧れが強くって、好きな声優さんが上手だったりすると嬉しさ倍増ですよ。惚れてまうやろー(爆)

ライブに行けなくなってから、自然と音楽方面への興味も失っていったのですが、数年ぶりにCDを買ってまで聴きたくなる音楽…に出合えたのは新たな発見でもあり、音楽を聴いて喜怒哀楽の感情が揺さぶられる…という経験も実に久しぶりのことだったのでした
音楽に限らず、作品、人物等、来年も新たな出会(合)いがあったらいいなー、と思います。

3位。「数年ぶりにピアスを買う。」

そして、

2位。「初めて指輪を買う。」
未婚なんで、買ってもらったこともないし、自分で買ったこともない物を、何で今さら(笑)。
アレルギー体質ではないんですが、とにかくアクセサリー類を身に着けることが苦手で、特に手首周りや指周りは違和感に我慢ができないタイプのわし。
腕時計も高校生の頃から身に着けたためしがないし、気温さえ温かければ年中半袖か七分袖で過ごしたいほどなのです。
唯一、嫌な思いをせず着けられるのはピアスだけ、という…。
それにしたって、実家に戻ってきてからは、自分で買わずに友人からいただいた物ばかりを身に着けてるんですけどね(痛)。

ある日、資料探しに宝飾品関係のショップのサイトを眺めていたら、行く先々で氾濫する可愛らしいデザインのピアス達を目の当たりにし、「これが欲しい!」という願望が数年ぶりにメラメラと湧き上がってきて(笑)。

さらに、指輪は苦手…とはいうものの、ピンキーリングには以前から興味があったので、何かのついでに気に入ったものが見つかればいいな…くらいの関心でいたら、こんな時に限って「いい!」という物を発見しちゃうんですよねぇ。

ところが、「あ!いいな!」と思ったものでも、天然石の横には漏れなく「○○運」というのが併記されていて、いわゆるパワーストーンていうヤツ。あれ、どうなのかなぁ…。いや、効き目を疑うんじゃなくてね…。

わしが一目惚れした色石3種が変則フリエトリコロールのピアスも「これは○○運、あれは○○運、それは○○運に効きます!」みたいにいちいち説明文が付いていて、なんだか自分が開運に貪欲な人みたいに思われて虚しくなってきて、ちょっと興醒め。
デザインが気に入って値段もお手ごろだったから…という理由だけでは駄目ですか?と躊躇っちゃう(笑)。

さらに、折角だからいい物を買おう…、と思ったものの、日頃からしみったれた金銭感覚で暮らしているので、予算10,000円程度の計画でも心臓バクバク(笑)。
今まで高額のプレゼントもいただいたことがないし(貧弱な人間関係暴露)、正直、10,000円があれば「あれも買える、これも買える。」というより、「後で生きるのに困った時に必要なもの=金」という主義なので、高価なアクセサリーを買ったところで自分のステータス(身の丈)考えたら全然必要ない物だろ、という貧しい感性が顔を覗かせる(笑)。

今まで、生活するのに「こんなものいらない、あんなものいらない。」と、趣味や感性に関わる部分を全て殺ぎ落として生きてきたので、長年沁みついた卑しい感覚はなかなか抜けないものです(笑)。

結局、一旦見つけてしまった「欲しいものは欲しい!」、というB型女子の遺伝子が後天的感性麻痺症候群(笑)を駆逐して、いざネットショッピング。ポイントを駆使して予算より大分安く欲しい物を入手するまでに至ったのです。めでたしめでたし。たかが指輪、ピアス一つに大騒ぎさ(笑)。
デザインは自分らしく地味で厳つい感じ(あちこちぶつけまくるから)。今度はもっと華奢なのを探そう…

1位。「暴君ガン患者。」
何と言っても2009年はこの一言に尽きる。
前半、うちのお父さんが病気治療のために入院していたんですが、退院して自宅療養に切り替わってからの、入院する以前にも増しての暴君ぶりに、家族全員が振り回されストレスを抱えることに。

暴君。「お前等(妻子)、俺の家に住まわせてやってるんだから、俺のために働け。」という利己主義者。

わし、6月頃から、何だかずっと気分が優れなくて、何をやっても考えても憂鬱で、20代でもなる人はなる更年期障害による不定愁訴?PMS(婦人病)の悪化?鬱病?などと悩んだのですが、時期を考えたら、原因は、この暴君のせいでした(爆)。
お母さんやモモレンジャー(妹)も似たような感じで、家族がみんなイライラして憂鬱でストレスを抱えていたんです。

この状態は多分、2010年以降も続くものと思われ、店の業績悪化も伴って、何とも前途多難な我が家ではありますが、何とかやり繰りして切り抜けていかなければならないなと。
跡取り息子の帝王学が沁みついた長子の悲しい性(自虐)

これまで、家のことに引っ張られて自分自身を省みることがあまりありませんでしたが、CDだの指輪だのと、今までと考え方が変わってきたのは、そういうことがあったからかもしれません。

自分一人だったら鬱々と泥沼にハマっていたかもしれませんが、周囲の友人等に助けられて、何とかここまでやってこれました

本当に、いい友人に恵まれたなぁ、と思います。そんな友人等の期待に応えたいな、というのもあるし、それが時には生きる原動力になることもあるかもしれません。

これまでの人生、振り返ってみると、「あの時は大変だと思っていたけど、喉元過ぎればなんてことなかったなぁ。」ということの繰り返しでした。

今のこの状況も、きっと後になって「全然大したことなかったな〜。」と思うことになるのでしょう。

何はともあれ、当ブログ。ストレス発散のイタい珍発言はこれまで以上に増えるかもしれませんが、生温かい目で遠いところから見守っていただければ嬉しいです
できれば読んだ方が面白かった、と思ってもらえるような内容にしたいな。

2010年も引き続きよろしくお願いいたします。ありがとうございました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

今年の…いや、昨年のわし的重大ニュース(笑)。 EASY LIAR PLANET/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる